自分のペニスが小さいことがコンプレックスという方、今よりも大きくなってパートナーを驚かせたい方、様々な理由でペニス増大に興味がある方向けにサイトを立ち上げました。サプリなどを使ったペニス増大法を中心に当サイトでは紹介していきます!

まじめにPCで仕事をしている人
  • ホーム
  • 遺伝とオナ禁にペニス増大のヒントある

遺伝とオナ禁にペニス増大のヒントある

遺伝とオナ禁にペニス増大のヒントが隠されています。
ペニスの大きさは遺伝に左右されると一般的に言われています。
ただ他にも左右されることがあり、ホルモンの分泌や生活環境、また性の目覚めなどもペニスの大きさを変える要因になっています。
通常時はそれほどなくても、勃起した時に大きくなることを希望する男性も多く、その際は血流が左右することになりますので、遺伝も決して無視できないですが、ただそれだけでペニスのサイズが決まるわけではありません。
オナ禁もペニス増大に貢献すると言われていますが、これは少しカラクリがあります。
オナ禁をするとそれだけ性的刺激を受けやすくなり、血流も促進されることになります。
それが誘因となってペニスが大きくなりますので、決して増大をしたわけではなく、一時的な作用によって大きくなったと考えられます。
またオナ禁をしていると、ホルモンの分泌を少なくなり、それが影響してペニスが小さくなることも考えられます。
老人が小さくなるのと同じ原理です。使わないのもあまりよくないことがわかります。
性欲は男性にとって活力になりますので、適度に発することが大切です。
ペニス増大を目指す時に欠かせないことは血流です。ペニス増大を目的としたサプリメントの多くにアルギニンやシトルリンが配合されており、どれも血流を促進させる成分です。
それに加えて精力を補う効果がある成分が配合されている製品が多いです。
血流を促進させることに特化していることがわかるでしょう。
だからこそ血流の促進を目指すことはペニス増大のデメリットはないはずです。
マッサージをすることや適度な運動もペニス増大に貢献することになるでしょう。
ひとつにとらわれず複数の方法を重ねて行うことが推奨されます。

関連記事